給料の振り分け方【手取り23万円の夫の給料を用途別に振り分け】

こんにちは。yutoです。

同棲中、もしくは結婚しているみなさん。

毎月の収入と支出は把握していますか。収入を把握していないと支出とのバランスが取れないのでいくら貯金できているのか分かりませんよね。

今回は僕たち夫婦が今後を考えて、どのようにやりくりしていくか決めたのでそれをご紹介します。

二人の手取り額

僕たちは夫婦共働きなので、どちらも収入があります。

そして二人の収入の手取り額は以下。

夫:22〜23万円

妻:20〜21万円

妻の手取りは妊娠出産によりシフトや残業時間が変わるので変動しますが、記事執筆時点(妊娠中)での平均的な手取りとします。

収入を目的別に振り分ける

まず、収入の考え方ですが、入ってきたお金のうち1ヶ月で使った分のあまりを貯金に回すのではなく、収入があった時点で、固定費〇〇円、食費〇〇円、貯金〇〇円という風に分けてしまいます。こうすることで毎月決まった金額を貯金することができます。

では、その振り分けをどのようにして行くかですが、、、

 

妻の収入は全額貯金(または投資)

まず二人の収入は合わせると42〜3万円ありますが、その中でも妻の収入は全額貯金に回します。

ただ、20万円全額銀行預金に回すというのはもったいないので、一部は投資に回します。僕も妻も外貨建て保険に入っていて、さらに積立NISAもやっているので20万円の内、約7万円はそれらの投資に使い、残りの金額を貯金しておくという形です。

yuto
yuto
固定費、食費、おこづかいなどは全て僕の給料でなんとかします。

僕(夫)の給料の振り分け

僕の手取りは月に約23万円ほどです。

これを毎月振り分けていきます。

振り分け項目は以下。

固定費 金額
家賃 56,000
光熱費 15,000
Wi-Fi代 4,400
携帯代(2人分) 10,000
サブスク代 2,000
医療保険、がん保険(2人分) 10,000
車系(保険、車検、自動車税) 14,000

合計111,400円

生活費 金額
食費 35,000
日用品 10,000
ガソリン代 8,000

合計53,000円

その他費用 金額
医療費 8,000
お小遣い(一人2万円) 40,000
その他 残額

合計約57,000円

このような感じです。

 

sayaka
sayaka
その他(臨時で必要になるお金)をもっと増やしたいね

振り分け項目は細分化すると良い

上記のように給料が入ったら何に使うためのお金なのかということを明確にして、項目を細分化しておくと良いかと思います。

例えば我が家で言えば車の保険や、車検、自動車税の費用もだいたいわかっているので、あらかじめ払う額と月から逆算して、毎月積み立てていっています。

こうすることで急な高額の出費を抑えることができます。

 

 

そうは言っても我が家でもまだまだ項目が足りません。

以下はお小遣い、もしくはその他の中から捻出することになっています。

・美容院代
・書籍費
・交際費
・結婚式などのお祝い金
・旅費
・子供用品費
・イベント費

こうしてみるとなかなかきついですね。

全て月5,000円で見積もっても、あと35,000円必要です。まあ、実際子供にお金使うのってキリがないです。おもちゃや服にどれだけお金かけるのかという問題もありますし。産まれてからはお宮参りだったりお食い初めだったり、イベントごとも盛りだくさんです。

 

こう考えると全ての事柄の金額を事前に計算しておき、将来のために積み立てておくということは難しいのです。だからこそ、今わかる範囲での将来の出費というのはあらかじめ給料から割り振っておくことが重要なのです。

大切なのは貯金を切り崩さないこと

あらかじめ給料を振り分けて置いておく上で大切なのが、なるべくその振り分けたお金の中で完結させることです

食費を3万円で割り振っているのに足りないなって言って、貯金から1万円足していたら意味がありません。旅行やイベントの時は仕方ないかと思いますが、それ以外はなるべく、毎月の割り振り通りにお金を使うべきです。

そのために必要なのが繰り越しです。

例えば食費が28000円で抑えられたのなら余った2000円は繰り越して、次の月は32000円使えるようにする。こうすることでその月はちょっと贅沢することができます。

yuto
yuto
今月がんばれば来月贅沢できる!
今月は節約だね!
sayaka
sayaka

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

給料を今までなんとなく使っていた方も、きっちり目的別に分けることで無駄遣いが減ると思います。それに給料に対して支出が多すぎると固定費や生活費の中の無駄の見直しにもつながります。携帯電話代高いな、とか食費でお菓子買いすぎだな、とかですね。

必要ないサブスクは解約!

飲み物は自販機やコンビニで買わず水筒!

携帯は格安SIM!

このような感じで支出を減らしましょう。

しかし、いくら支出を減らすと言っても限界があります。そういう場合は収入を増やすしかありません。収入を増やすにはやっぱり副業ですね。
同棲している方にオススメの副業も以下の記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

https://foryublog.com/douseifukugyo/

最新情報をチェックしよう!