資産分散の考え方

お疲れ様です。ytuoです。

梅雨明けまだですか?もう8月。早いですね。

では本題。

貯金と投資の分け方

みなさん貯金はしていますでしょうか。毎月結構している方や、できるほどの給料をもらっていないという方など色々な方がいると思います。

ただ今回の記事では毎月貯金と投資にどれだけ自分の資産を当てるのかという内容になっていますので、貯金がそもそもできない方は固定費や食費の見直しをして見ると良いと思います。これについては携帯代や光熱費、保険、サブスク、毎月の食費を全部しっかりと見直すことが必要であると思います。

さて、今回のお話ですが、今の収入をどのように貯金、投資に回すのかという内容になっています。

貯金の考え方

皆さんの収入に対する貯金の意識なのですが、以下のどちらでしょうか?

①収入ー支出=貯金

②収入ー貯金=支出

これは収入の中からお金を適当に使って残りが貯金として貯まるのか、あらかじめ貯金額を決めて別の口座などに入れておき、残ったお金から支出するのかという違いです。

基本的な考え方は②です。①の方法では貯まったとしても無駄に使ってしまう可能性が高いです。

やはり、貯金として別口座に分けてしまい、目的がないのであればそのお金は使わないというのがオススメです。

収入の中の貯金と投資の分け方の考え方

さて、収入の中で貯金を別にして、残りを支出にする考えですが、その貯金の中身をどうするか考えます。

まず、貯金を銀行口座に入れるだけでは当然ですが増えません。

これを増やすにはどうすればよいか。

そう、投資ですね。

貯金だけをしても将来ほとんど増えない、でも、老後は年金はほとんどもらえない。

そういう長期的な目的でお金を貯めるのであれば投資がオススメです。

そして、貯金と投資の考え方ですが、

短期的な目標=銀行に貯金

中長期的な目標=投資

これを意識して下さい。

短期的な目標は車の購入や結婚など、

中長期的な目標は親の介護や、老後の資金などになります。

投資の内容

投資はもちろん投資した元本より下がるおそれはあります。

ただ、僕はその中でも積み立てNISAをオススメします。1社の株ではリスクが大きいですが、NISAであれば国内外のたくさんの株を少しずつ入ったパッケージを買うことができるので、ローリターンではありますが、ローリスクにすることができます。

また、積み立てNISAであれば一度契約すれば毎月決まった金額が口座からおちるのでめんどくさがりにも最適です(笑)

この投資ですが、長期的にみれば上がっていく可能性が高いです。世界の経済はおそらく発展していきますからね。(コロナで一時けっこう下がってましたが、、)

しかし、上がるとは限らないこのような不安定なものは絶対に短期的な目標のための資金にしてはいけません。

車がいるってなったときに、投資を当てにしていて、その時に下落していたら引き出したいですか?という話です。

お金にはどこに置いとくのかによって適正な使いどきがあるということです。

次回は保険の話を少しします、、

夏休みください、、



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!