自炊しない人へ【メリット・デメリット】

こんにちは。yutoです。

みなさん、自炊していますか。めんどくさいですよね。料理するの。キッチン狭かったらなおさらやる気出ないです。

今回は実家暮らし、1人暮らし(キッチン広め)、1人暮らし(キッチン狭め)、同棲、結婚を経験した僕が自炊をする場合としない場合どちらにどんなメリット・デメリットがあるのか解説します。

自炊するメリット

食費を安く抑えられる

やはり自炊する上で一番魅力的なのはこれではないでしょうか。

スーパーやコンビニで弁当などを買うとやっぱり高いですよね。1食で5〜600円はかかってしまうと思います。また、外食をする方であればもっとかかります。

これを毎日だと、朝ごはんはもうちょっと安いとしても平均して1日1500円はかかってきます。これが1ヶ月だと45000円。

yuto
yuto
昼ごはんに必ず外食をしていた時の僕はこれぐらい食費にかかり、さらに飲み代も加わるといった形でした。飲み代を食費とした場合だと1ヶ月で50000円はかけていましたね

 

意外と思い当たる節があるのではないでしょうか。1人暮らしの社会人だと料理がめんどくさくて昼も夜も外食してしまう人が多いと思います。

 

これが自炊をするとどうなるか。

実は意識しないと意外と変わりません。

いい食材や調味料を買っていっぱい作ってその日のうちに全部食べてしまう。というやり方だと意外と食費がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが食費を決めてしまいその金額内でスーパーで食材を調達することです。

こうすることで何日間はこの食材で生きていくという意識が生まれるので自然と作りすぎたり食べすぎたりすることがなくなります。

具体的には10日分の食材を予算1万円で買うといった形です。その食材を10日かけて料理する。また次の10日は予算1万円で買う。これで食費3万円ですね。

1万5千円も節約できました。

ここで自炊で食費を抑えるためのポイントです。

・料理した分全部食べない(作り置きする)
・昼ごはんは外食ではなく弁当持参
・炊飯器を買う
・牛肉はあまり買わない
僕の経験上、作ったものをその日のうちに全部食べてしまうことが一番良くなかったですね。その日料理する分の食材をその日に買ってその日のうちに食べきる。これだと毎日買い物と料理しなければいけません。
できれば作り置き推奨です。そして次の日の弁当に入れてください。弁当には米必須です。なので炊飯器買ってください。
これで今までの1食分を1.5〜2食分へ当てることができました。
 
あと一つ思ったのが牛肉が高いということです。僕は牛肉があまり好きではなかったので鶏肉、豚肉メインで買っていました。牛肉食べたい時は基本的に外食でしたね。

バランスの良い食事が取れる

料理のメリットでよく言われるのがこれです。料理してみるとわかりますが、結構自然と外食や惣菜よりバランスの取れた食事になります。

何故なのか。

これは惣菜や外食では高カロリーで脂っこいものを手軽に食べられるから。それに対し、自炊では高カロリーで脂っこいものを作るのはめんどくさいから。

だと思います。

ちょっとスーパーの惣菜コーナーを想像してください。何が並んでいますか?揚げ物多くないですか?そういうことなんです。揚げ物めっちゃ多いんですよ。しかも美味しそう。揚げ物の気分じゃなくても揚げ物手に取ったことはあると思います。

それに対して自炊。さあ、今日は何作りますか。唐揚げ、トンカツ、かき揚げ、天ぷら、春巻き、コロッケ。作ります?僕は唐揚げぐらいしか作ったことありません笑
惣菜ではよく目にしますがちょっと自分で作るのめんどくさいんですよね。そうなると自然と簡単な料理になってしまします。

簡単な料理といえば、、野菜炒めですね!野菜炒めに限らず炒め物。もう僕の料理はほとんどこれでした笑

あと、冬は鍋。シメはラーメン派です。

どちらも野菜が取れる上にヘルシーです。

自炊する時点でめんどくさいのにさらにめんどくさい料理を選んですることは僕にはありませんでした、、

ストレス解消

自炊のメリット3つ目はストレス解消です。

え?めんどくさいって言ってたやん、、
て思いましたね。

それはそうです。めんどくさいです。でもやり始めると意外と楽しかったりします。肉が焼ける音、いい匂い、できたてのあったかいご飯が食べられる喜び。どれも惣菜にはあまりないかと思います。

今の時代、YouTubeで検索したらいくらでもレシピ出てきます。誰でも簡単に美味しいものを作れる凄い時代です。

メリットをここまで読んでもそれでも料理したくない、めんどくさい、レシピ見る暇もない。という方にとっておきのスーパー簡単料理の味付けを紹介します。

yuto
yuto
以下の調味料で大抵の食材は美味しくなります。
1年ぐらいは余裕で生きていけます。

 

・塩胡椒
・めんつゆ
・香味ペースト
・味覇
・醤油、酒、みりん、(を同じ量入れる)
これだけ家にあったらもう大勝利です。
あとは肉やら野菜やらを炒めて上記を適量かけるだけです。
 
まあ、でもレシピ見てちゃんと作ったらもっと美味しいですけどね。

自炊するデメリット

時間が取られる

これに尽きます。もうデメリットはこれしかないです。

献立を考える時間、買い物の時間、料理をする時間、皿洗いの時間。もう時間しか取られません。皿洗いの時間は本当に無駄だと思います。弁当にしたら弁当箱を洗う時間もかかってしまいますしね。できればですけど食器洗い機があるといいですね。一人暮らしならそんなに洗い物ないかもですが。

自炊に関する全ての時間を合わせたら1食何分かかるでしょうか。
献立3分、買い物15分、料理15分、皿洗い5分
結構短く見積もっても40分ぐらいはかかります。もし毎日これだけ時間かけていたら1ヶ月で20時間になります。これだけの時間があれば他に自己投資とかに当てた方が良いという考え方もありますね。20時間もあれば本を何冊か読んだり、資格の勉強をしたりと他の時間に当てられます。

料理をしないというのも良いですが、惣菜や外食では何を食べるか考える時間と買い物する時間は削れません。

その時間すら惜しいという方には食事の定期便がおすすめです。食材そのものを届けてくれるものもありますが、料理を届けてくれる方が良いかと思います。

だいたい7食分で4000円前後、送料はかかりますが、これで料理に関する食べる以外の時間を削れます。栄養バランスのいいメニューを届けてくれます。トレイに入った状態なので皿洗いも不要です。

食べたいときに、すぐおいしい。冷凍のおかずセット「食宅便」

 

さらに食べる時間すら惜しいという方には必要な栄養素がすべて入ったグミもおすすめです。が、食事はしっかり取るのが一番かなとは思います。あくまでも補助食品として捉えてください。

https://www.comp.jp/products/gummy.html

グミだとUHA味覚糖のグミサプリもおすすめです。

こちらは薬局とかでも売ってます。

自炊をしていない時の食生活

自炊をしなかった理由

僕が自炊をしていなかった時期は実はあまりないのですが、(だいたい半年ほど)その時の食生活について記しておきます。

まず、自炊をしなかった原因ですが2つあります。

1つ目はキッチンが狭かったことです。
まな板おくスペースがほとんどなく、コンロも1つしかない。キッチンが狭いとモチベーションも上がりませんね。

2つ目は帰りが遅かったことです。
21時ごろの帰宅でした。そこから料理となるとやはりやる気が出ません。もう惣菜でいいか、、早く食べたいしって感じでしたね。

何を食べていたか

朝は基本的にミックスナッツを食べていました。

↑これ袋に小分けされているし、美味しいのでおすすめです。

あんまり美味しくないナッツもありますからね、、

昼はほとんど外食でした。会社の同期と定食屋に行って日替わり定食を食べたり、ラーメンやマックなどジャンキーなものも多めですね。

夜は基本的にスーパーかコンビニの惣菜でした。サラダとか、脂っこくない物とかを選ぶようにしていました。僕がよく食べていたのは肉じゃがです。野菜も肉も取れるので最高ですね笑 コンビニでもレンチンのものが売られているのでよく買ってました。コンビニ本当にすごいです。マジで美味しい。

健康面

こんな食生活半年続けていましたが特に健康上は問題なかったですね。

ただ、惣菜とコンビニ飯ばかりだとどうしても飽きます。それが一番の問題です。自炊って結構美味しく作れるんですよ。ちゃんとレシピ見て作ったことありますか?なかったら今すぐ検索して作ってみてください。

健康面の話でいうと自炊しなくても全く問題ないと思います。

どんどん便利になっていくこの世の中。健康志向も高まっているのでヘルシーな惣菜もたくさんあります。それだけで十分です。朝マック行って、昼はラーメン、夜は惣菜の揚げ物やコンビニ弁当。こんな生活をしなければ自炊なんて1つもしなくていいです。

最後に

どうでしたでしょうか。自炊をするのかしないのか。どちらが良いでしょうか。定期便は送料もかかるし割高だなと感じるかもしれませんが、外食に行きまくるよりよっぽどいいかなと思います。

何事もバランスですね。

バランスの良い食生活を心がけるのももちろんですが、自炊と中食と外食。これらをバランスよく使い分けて、時間も確保しつつ美味しいものも食べつつ息抜きで料理してみる。自分にとっての最適なバランスを見つけられるように色々試していきましょう。

最新情報をチェックしよう!