【誰でもできる】webライターで月3万円稼ぐ方法

こんにちはyutoです。

みなさん、副業でwebライターという選択肢はありますか。

副業ブームの現在、webライターで稼ぎたいと考えている方も多いかと思います。

webライターは初心者で始めても月3万円程度なら誰でも到達可能なレベルです!

今回は以下の内容に沿ってwebライターで月3万円稼ぐ手順を解説していきます。

1.webライターの始め方
2.実績を作る
3.単価の高い案件を受ける

本業で月収+3万円は難しいかもしれませんが、webライターでは簡単に収入アップできるので、ぜひ始めてみてください。

yuto
yuto
月3万円稼げたら大きいですよね!
ちょっと贅沢できるね!
sayaka
sayaka

webライターの始め方

webライターになるための準備はそれほど多くありません

・仕事用のメールアドレス作成
・クラウドソーシングサービスに登録

この2つだけで大丈夫です。

初期費用もかからずとても始めやすいのですぐに取り組みましょう。

1.仕事用のメールアドレスを作成する

基本的にメールアドレスは必須です。

クライアントとのやり取り、次で紹介するクラウドソーシングサービスの利用にも必要になります。

メールアドレスは持っていると思いますが、仕事用のメールだけ受信する用で新たに作るのがオススメです。

作成はgmail等のフリーメールで大丈夫なので、まずは仕事用で一つ作りましょう!

2.クラウドソーシングサービスに登録する

webライターの案件獲得のための最も簡単な方法がクラウドソーシングサービスへの登録です。

いくつかサービスがあるので、様々なサービスに登録しておきましょう。

おすすめは王道ですがランサーズとクラウドワークスです。

 

この2サイトは利用者が多いので案件数もたくさんあります。

登録は無料でできるので、登録だけでもして案件を見てみてください。

クラウドワークス

ランサーズ

yuto
yuto
僕は両方利用しています

3.【番外編】ブログを作成しておく

何も実績がない方にとっておすすめなのがブログを作ることです。

実績がなければ案件獲得は難しい。でも実績とはこなした案件の数や質のことなのです。

実績のためには案件獲得が必要。

でも、案件獲得のためには実績が必要。

これを解決してくれるのがブログです。

ブログは実績になります。webライターの副業を始める方でブログを運営している人はごくわずかです。

10記事程度あってサイトデザインや文章もしっかりしていれば高いクオリティは必要ありません。

月収3万円webライターになるための実績を作る

ライターで稼ごうと思うと実績が必要です。

実績がある人の方が信頼感を得られますよね。

ということでここでは実績の獲得方法を解説していきます。

1.月3万円は誰でも可能な数字

まず目指すべきなのが月3万円です。

完全に実績0の状態からスタートして目指せる金額で誰でも到達できます。

月3万円は誰でも到達できる数字なのです。

文字単価1円であれば3万文字で到達できる数字です。

7500文字の案件であれば4記事で達成できてしまいます。

4記事なら1週間で1記事仕上げれば良いのでできそうですよね。

2.まずは低めの文字単価の依頼を受ける

文字単価1円とは言うものの、到達するには少し時間がかかります。

クラウドソーシングで案件を探すとわかりますが、単価0.2円や0.3円のものがたくさんあります。

最初はこれらの案件を稼ぐためではなく実績稼ぎとして受注しましょう。

単価の低い案件は実績を作るためです。

低単価の案件ではいつまでたっても月3万円には届かないので、あくまでも実績稼ぎとして見ておきましょう。

3.いくつかの案件をこなし実績にする

実績として分かりやすいのは、受注した案件の数です。

仮に実力が同じだとしてもどちらの人に受注しますか。
・過去の受注歴が100件の人
・過去の受注歴が0件の人

当然100件の人に頼むと思います。

逆にどれだけ文章力があっても受注歴が0件であれば、案件獲得は難しいと思ってください。

 

そのため最初は文字単価が低い案件でもいくつか受注しましょう。

文字単価が低い案件の方が受注歴がない方でも提案が通りやすく、案件獲得につながりやすいです。

しかし、あくまでも件数稼ぎとして捉えて次のステップまでの通過点としましょう。

文字単価1円を目指す

文字単価1円は副業でライターをする際の一つの目安です。

とりあえずここを目標に頑張りましょう。

また、単発で文字単価1円ではなく安定的に文字単価1円であることが重要です。

yuto
yuto
継続して稼げる状態を目指しましょう

実績をつけて文字単価1円の案件に提案文を送る

受注件数が多くなると、信頼度も上がります。

10件ぐらいあるといいでしょう

あとは文字単価1円の案件を見つけたらひたすら応募です。

実績があるので受注できる可能性も上がります。

継続して発注してくれるクライアントを探す

文字単価1円でも一回きりで終わってしまうと、また提案文を一生懸命書いて案件を取らなければいけません。

そこでおすすめなのが、継続して発注してくれるクライアントを探すことです。

同じ人からの発注なのでいちいち提案文を書く必要がありません。

一回受注してしまえば安定して稼げます。

また、クラウドソーシングサービスを介さずにやり取りをすることで、手数料なしで報酬をもらえることもあります。

しかし、一人のクライアントに依存するのはやめておきましょう。

もしその人からの発注がなくなってしまうと収入が途絶えてしまいます。

できれば2,3人は継続的に発注してくれるクライアントを確保しておきましょう。

実際にwebライターで月3万円達成した道筋

最後に僕がwebライターで月3万円を稼ぐことに成功した具体的な道筋を書いていきます。

凡人サラリーマンで月3万円ぐらいプラスで欲しいなって思っている方はぜひ参考にしてください。

実績は自分のブログ

まず、僕はwebライターをいきなり始めたわけではありません。

最初はアフィリエイト収益を得ようと考えていました。

しかし、ブログで収益を得ることはかなり難しかったです。
アフィリエイト収益は0円で、グーグルの広告収益のみでした。

広告収益の収益は1クリック5~30円程度なので月1000円にもならなかったです。

ですが、30記事ほどは書いていたのでこれが後にwebライターの案件獲得にも活きてくることになります。

クラウドソーシングでいくつかの案件をこなす

ブログで稼げない現状に、僕は別の副業に手を出しました。

それがwebライターです。

案件受注はランサーズで行い、自分が書けそうな案件に対してとにかく提案文を書きまくり、低単価な案件をいくつかこなしました。

提案文には実績を掲載する項目がありますが、このとき僕はブログのURLを掲載したのです。

 

yuto
yuto
実績はないけど、今まで自分で書いたものならあるからそれ見てください!って感じですね

ブログがよかったのかは分かりませんが、僕はそのほかの実績0の状態から案件を獲得しました。

単価は0.5円にも満たないものばかりでしたが、いくつかの案件をこなしていきました。

文字単価1円の継続発注をゲット

いくつかの案件をこなしていくうちに文字単価0.5円の案件を獲得できたのです。

幸運なことに、その案件のクライアントの方から直接のやり取りを打診されました。

それからその方からいくつか案件をいただくうちに文字単価も徐々に上がっていき、1円を超えるようになりました。

 

月3万円を達成した月は6000円ぐらいの案件を5つぐらい受注しました。

webライターは誰にでもチャンスがある副業

僕は特にライティングのスキルがあるわけでもない普通のサラリーマンでしたが、webライターで月3万円稼げました。

ブログをやっていたことや、直接やりとりをしてくれるクライアントにたまたま出会えたことも大きいですが、行動し続ければ誰でも到達できる数字なのだと思います。

最初は大変かもしれませんが、徐々に稼げるようになってくると楽しいです。

yuto
yuto
その”徐々に”が長いんですけどね

続けていると稼げる時がやってくるのでコツコツやっていってください。

結局行動しない人が大半なのでクラウドソーシングへの登録だけでも今やってしまいましょう!!

最新情報をチェックしよう!